PTAの会員や役員・委員になるメリット

MERIT

PTAは任意団体です。
つまり、加入は保護者の自由意志

PTAに入会しなくても、当然ながらお子様は他の子どもたちと同様に学校生活を過ごせます。

いっぽうで、PTAの会員になると色々なメリットがあります。

まずは会員のメリットを、その後にPTA委員になるメリットをご紹介しますね。

PTAの会員・役員・委員の違いは?

最初にPTAの会員・役員・委員の違いを説明しますね。

会員:一般会員の保護者
役員:PTA本部のメンバー
委員:PTAの各委員会に所属するメンバー

会員よりも委員・役員の方が、より実務的な活動をします。

会員は基本的にPTA活動への参加は任意で、ボランティアでの参加がメインになります。

PTAの会員になるメリット

PTA会員になるメリット

PTAの会員になる最大のメリットは、年会費2,400円を支払うこと

「えっ?それってデメリットでしょ?」と思われるかもしれません。

いえいえ、これこそがメリットです!

年会費2,400円で子どもたちは、上溝小の全保護者を味方に付けることができるのです。

この会費を有効に使って

  • 学校行事での参加賞や卒業記念品の購入など学習面への還元
  • 児童の安心・安全な学習環境整備

など、子どもたちへ還元されます。

会員になると「子どもたちにも保護者にもうれしい特典がついてくる」という感じになるのです。

PTAの委員会に入るメリット

PTA委員会に入るメリット

PTAの委員会に入ると、PTAの会員になるメリットに加えて

1.子どもたちのために行動できる
→ 学校での子どもたちの様子を知る機会が増える
2.委員同士のつながりができる
→ 保護者同士の輪が広がる
3.先生たちとの会話の機会が増える
→ 先生たちと仲良くなれる
4.地域とのつながりができる

PTAの各委員会の活動はさまざま。

でも、保護者と学校の関わりが深くなるのは間違いありません。

こうしたPTA委員になるメリットを踏まえて、お子様が在学中のうち、1度はPTA委員として活躍されることを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 上溝小学校PTAのあゆみ

    上溝小学校PTAの沿革

  2. Q&A

    PTAに関するQ&A

  3. PTA総会とは?

    PTA総会とは?どんなことをやってるの?